こどもの病気

診断を受けられた方の病気への理解を深めるためにご利用ください。 一般的な内容を記載しておりますので、お子さんの病状とすべて一致するわけではありません。 家庭での自己診断はおやめください。

突発性発疹

 生後6カ月〜2歳の乳幼児が数日間の高熱のあと,体を中心に発疹が出現する病気です.生れて初めての熱であることが多く,発疹は2〜3mmから1cmぐらいまでの赤い発疹です.便もゆるくなり,まれに,ひきつけることもあります.一生に1〜2回かかります.原因はヒトヘルペスウイルス6あるいは7によります.主としてお母さんの唾液の中のウイルスから感染します.治療法はとくになく,冒熱時に解熱薬を使うこともあります.まれに歯炎になることもあるので,ひきつけたり,ぐったりするときには病院に行きましょう.

こどもの病気一覧にもどる