破傷風トキソイド

予防接種を受けることができない人

@明らかに発熱のある人(37.5℃を超える人)
A重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
B過去に、破傷風トキソイドの接種を受けてアナフィラキシーを起こしたことがある人 
なお、他の医薬品投与をうけてアナフィラキシーを起こした人は、お医者さんに接種を受ける前にその旨を伝えて判断を仰いで下さい
Cその他、お医者さんが予防接種を受けることが不適当と判断した人

予防接種を受けるに際し医師とよく相談しなければならない人

@心臓血管系疾患、腎臓病、肝臓病や血液の病気などの人
A発育が悪くお医者さんや保健師さんの指導を継続して受けている人
B未熟児で生まれて発育の悪い人
Cカゼなどのひきはじめと思われる人
D前に予防接種を受けたときに、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどのアレルギーを思わす異常がみられた人
E薬の投与又は食事(鶏卵、鶏肉など)で皮膚に発しんが出たり、体に異常をきたしたことのある人
F今までにけいれんを起こしたことがある人
G過去に本人や近親者で先天性免疫不全と診断されたことのある人
H妊娠の可能性のある人
I気管支喘息のある人

予防接種を受けた後の注意

@破傷風トキソイドを受けたあと30分間は、病院にいるなどして様子を観察し、お医者さんとすぐに連絡をとれるようにしておきましょう
A接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう
B接種当日は接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。また、はげしい運動はさけましょう
C万一、高熱やけいれん等の異常な症状が出た場合は、速やかにお医者さんの診察を受けて下さい

予防接種にもどる